風邪はひき始めが肝心

毎年一~二回は、冬に風邪をひきます。この風邪はインフルエンザのようなウイルス性のものではなく、疲れなどが溜まって体力が衰え、そこに冷えや乾燥が重なって風邪の諸症状が出始めます。今回はのどが痛くなりはじめ、すぐに身体がダルくなったため、何も手がつかなくなり横になりました。簡単に夕食を済ませいつもの風邪薬を飲み、それに栄養剤もプラスし、さらに温かいものを飲んで横になります。この方法がいつもの対策パターンです。
疲れからくる風邪の場合、ひき始めが肝心です。早目に風邪薬を飲むこと、しっかり栄養を摂ること、温かくすること、水分をしっかり摂ることなどの対策を行って、ゆっくり体を休めれば、比較的早い段階で風邪を治せます。
しかしこのような対策を取らずに無理をすると、大抵は長引いてしまうのです。仕事があると、思うように休めないこともあると思いますが、できるだけ早い段階で対策を打っていくことが大切です。もちろん、インフルエンザかもしれませんから、早目の受診も必要です。