小さい頃からの習い事が趣味に変わりました

私の趣味は、小学2年生から始めていたバスケットボールです。まずなぜ始めたかと言うと、私の姉がミニバスケットボールに通い始めて、私は小さい頃から姉の真似をするのがすごい好きでした。後もう1つ始めた理由は私の親友がバスケットボールを習っていたからです。私は初めてバスケットボールをした時、私はコートの外でひたすら、バスケットボールと友達になれと言われてコートの外で練習していました。私が外で練習しているとコートの中では親友が練習しています。その頃からその親友は私の中では親友だけどライバルだと思っていました。バスケットボールで3ポイントシュートが入った瞬間や、ドリブルでディフェンスをかわしたときや、ディフェンスをしていて止めれたとき、シュートが入った瞬間の音などバスケットボールならではの事がすごい好きでした。結局高校卒業まで続けて高校でもバスケットボールが大好きでした。バスケットボールの練習をやる。のではなくバスケットボールをやりたい。と思いながらしていたら、なんとなく上手になった気がしました。